レカネ小原先生
[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[
https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html 
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

2月12日の西日本新聞の記事からです。
九州大学病院の「物忘れ外来」の責任者でもある小原知之先生の記事です。

2月12日の段階では九州大学病院でもレカネマブ(レケンビ)の投与は行われておらず、その前段階であり、主にアミロイドPET検査などがやっとスタートしたというところのようです。

ここから患者さんの選択をしていき、まずは安全・確実に投与できる患者さんから治療を3月から始めていくということのようです。

福岡大学病院もほぼ同じような状況であり、私が紹介した患者さんも2月下旬に「アミロイドPET」の検査を行い、基準を満たすのであれば、3月にはいってから治療が始まるという話です。

メーカーからは現時点では、九州での投与は1例のみということで、なかなか前に進んでいないのが現状です。多くはアミロイドPETの運用ができていないからではないかと思われます。

小原先生の記事にも書かれているが、レカネマブ(レケンビ)の最適使用推進ガイドライン上、やはり大学病院もしくは、それに準ずる施設以外での投与は難しいと思われます。

基幹病院ですら、そのハードルは高く、おいそれと始めるのは難しいのが現状です。
人的にも余裕がないといけませんし、2週間に1回、1時間の点滴はなかなか厳しい条件です。

大学病院だけでは対応も難しいので、半年経過あした患者さんが、更に治療を希望する場合には、我々のような施設が対応しないといけないものと思われます。

そういった点からも「患者さん自身の意思が何よりも重要」という小原先生の意見は非常に大事な点である。

うちの施設でも軽度のアルツハイマー型認知症と思われた70歳台前半の女性は、夫が強く希望しているものの、受け入れが(心を含めて)できておらず、お断りになられた。至極当然の結果だと思う。

レカネマブ(レケンビ)の治療を始めるケースは、患者さん自身がYes/Noを言えるレベルであるから、周りの意見以上に本人の気持ちが非常に大切と考えます。

本人の意見がうまく醸成されるための環境づくりや、我々も少し時間をかけて説明する責務があると思います。

まだまだ問題は山積しています。


池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

IMG_9563
[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[
https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html 
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。


1月30日コロナ禍で4年間中止していました「ケアマネ会」をついに再開しました。

前回はR2年1月に大牟田の大谷るみ子さんにお話をしていただいて以来ですので、本当に久しぶりの「ケアマネ会」でした。

第52回のケアマネ会のテーマは「レカネマブ(レケンビ)」についてです。

参加者は40人を越えるほどの大盛況で、立ち見していただいた参加者もいらっしゃって恐縮しております。

「レカネマブ(レケンビ)」が発売されて約1ヶ月経ちます。既に「レカネマブ(レケンビ)」希望の患者さんを大学病院へ紹介したりしていて、現場は少しずつ動いています。

また、一方で新聞での情報程度しかわからないケアマネさん達にとって「レカネマブ(レケンビ)」についての話は非常にタイムリーだったのかもしれません。

 ① 投与方法・管理方法

 ② 投与される患者さんの条件(診断名・アミロイドPET・脳脊髄液)

 ③ 投与する医療機関の条件

 ④ 投与メリット(効果)

 ⑤ 副作用(ARIAと言われる副作用)

 ⑥ 金額(薬剤費だけで1年間で約300万円)

 ⑦ 今はわからないが長期的な展望

などについてお話ししました。現時点でわかっていないことが多く、また内服と違って難しい問題も多く抱えていて十分伝わったかどうかはわかりませんが、今お話しできることは話せたのではないかと思っています。

認知症診療の現場は非常に難しいのですが、その現場がさらに難しくなっていて、1人1人の診療に時間がかかる(特に初回)ようになってきています。

まだ全国の多くの地域で「レカネマブ(レケンビ)」の治療が始まっていないところが多くあると聞いています。ここ福岡も現時点では例外ではありません。少し「レカネマブ(レケンビ)」の治療が始まりだすと、状況は変わっていくのではないかと思っております。

次回は4月23日(火)「新型コロナ感染症と認知症」というテーマで行う予定にしています。


池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

20230925-OYT1I50164-1

[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[
https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html 
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

 

本日はレケンビ発売その後についてです。

 

12/20に発売されました。

その後、外来が1週間経過しました。

驚くほどの反響です。

 

大きく2つのタイプに分かれます。

   新聞の見出し程度の知識の人

   じっくりと読み込んで、しっかりとした知識を持っている人

です。

 

   のタイプは気軽に、今回から新しく出た薬も一緒に処方してくださいとお願いされたりします。点滴であることはもちろん、投薬できる患者さんの規定があったり、金額も相当なことも知らない患者さんのご家族です。このタイプには、一般的なお話をして理解していただいております。もちろん、そこで適応があるような患者さんには然るべき施設への紹介の話もさせていただきます。

   のタイプには、当然ながらどれくらいの知識なのかを確認したうえで、当院ではできないこと、まだまだ検査があって、そのうえで治療するかどうかを判断されることを説明し、紹介する方向で話を勧めています。

 

若干、レケンビについての質問で日々の診療をストレスに感じていて、一般の人向けに製薬会社はレケンビについての資材を作って欲しいなあと思うこの頃です。

 

一方、私がいる福岡で既に「レケンビ」が投与されたという話はまだ聞いておりません。恐らく投与基準から考えますと、大学病院もしくは基幹病院での投与となりますので、そのような病院では新規薬剤の使用については「薬剤委員会」などで新規薬剤を入れていただくための手続きを経て、やっと院内で使える運びになります。ですので、薬剤発売日から使用できることはまずありえません。

 

また、この薬剤を使用する患者さんの条件が細かく決まっていますので、その問題をクリアーすべく、現在模索中であると思われます。

 

しかし、患者さんは待ったなしです。昨日2人の患者さから「レケンビ」を用したいとの申し出があり、紹介状を作成しました。早くこの治療が円滑に進むべく診療体制の確立が望まれるところです。


池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/
認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/
You Tube
(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload


↑このページのトップヘ