20230416讀賣新聞
IMG_8316

[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]

 

本日は324日に福岡大丸エルガーラホールで行われた第3回脳活新聞フェアについてです。

これは西日本新聞が脳活新聞としての情報を提供していて、その延長戦での講演会でした。

 

当日は100人ほど入る会場に、5人の講師がそれぞれのテーマでお話をするといった内容です。私は11時からのスタートでしたので、1030分前に会場に着きましたが、大変熱気のある会場でたくさんのお客様が来場されていました。

 

もちろん、私の前の講師の講演が行われていたのですが満員御礼です。そして既に私の講演を待っているお客様もおいでになっておりました。

講演会場の横では、物販・製品紹介のブースが設けられていて、そこもたくさんのお客様が訪れていて熱気ムンムンでした。

 

私の講演は午前1110分スタートでしたが、会場整備の関係で1115分から始まりました。少し高い所から話ができること。観客席が近いこともあって非常に話がしやすかったですし、前の講師がお上手だったので会場がよく温まってました笑。(お笑いの人が良く言うセリフです。)ですので、会場のリアクションも大きく、私も凄く話しやすかったです。

 

講演内容の一部が、後日西日本新聞にも掲載されましたので、紹介しております。その後、私の患者さんのご家族が数人見に来られていたようで、「あんなふうにじっくり話が聞けて良かった」とか、「なかなか外来では聞けない話も聞けて良かった」とか反響を頂きました。

 

まだまだ必要な人に大事な必要な情報が届いていないのを肌で感じることもできました。毎年、私のいます春日市では「認知症講演会」を秋にさせていただくわけですが、このような会の大切さを改めて知ることにもなりました。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload



20230328読売小阪先生死亡

[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[
https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

今回はこの新聞記事からです。
第三の認知症ともいわれる「レビー小体型認知症」を発見された小阪先生が3月16日亡くなられた。
83歳でした。

先生の功績は「レビー小体型認知症」を発見されたことです。
最初の1例目から「これは何かが違う」と感じられ、1976年に発表されたことから始まります。
世界的に認められたのは1996年のことですから、ここまでに20年の月日がかかっています。

今や世界的にも「アルツハイマー型」「脳血管型」「レビー小体型」を三大認知症と呼ぶわけですから、
その功績は大ということです。

私が最後に先生のお話をうかがったのがH29年に金沢で日本認知症学会が行われた時です。
その際も先生は以前より少しお痩せになられていて、その際もこのような活動ができるのは、
最後かもしれませんというようなお話をされたのを記憶しております。

その後、コロナ禍などがあり学会活動も相当縮小されたこともあって、お声を拝聴することは
かなわなかったわけです。

認知症とは大変歴史の浅い疾患であり、一番有名なアルツハイマー型ですら120年程度。
レビー小体型で約50年あまりです。

人類は感染症・脳卒中・がん・心臓病などを治療していき、長寿となった現在、認知症という
疾患に悩まされてきました。今後もこの戦いは続くと思われます。

そんな中で先生の逝去のニュースは時代の流れなのかもしれませんが、これからも戦いを
継続する我々にとっては「もっと頑張れ~!」と叱咤激励されているような気持にもなります。

先生のご冥福をお祈り申し上げます。


池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

長谷川先生
AGD
[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[
https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

 本日は超高齢者に多いとされる歯齦顆粒性認知症(しぎんかりゅうせいにんちしょう)についてお届けします。

 高齢者においても三大認知症と言われるアルツハイマー型認知症脳血管型認知症レビー小体型認知症の割合がもちろん多いのですが、それ以外に超高齢者の認知症として、あまり聞き馴染みのない嗜銀顆粒性認知症・神経原繊維変化型認知症といった認知症があります。

 嗜銀顆粒性認知症は、1987年にBraakらが発表した新しい診断名です。
この疾患が有名になったのは、日本では認知症のテストとして大変有名な
長谷川式(HDS-Rという検査法がありますが、それを開発した長谷川和夫先生が、この疾患になられたことを公表されて一気に知名度が上がりました。

 特徴として、
高齢(80歳以上)で発症することが多く、進行もゆっくりとしています。症状としては、更に頑固になり、自分勝手で怒りっぽくて対応が難しいとご家族が困ることが増える疾患です。MRI検査(上記当院症例参照)では、海馬の萎縮が左右非対称であることが特徴です。当院で経験した症例でも、赤い矢印の海馬が左右非対称になっています。

 
長谷川和夫先生の発症も88でした。2020111日にNHKで放送された「認知症の第一人者が認知症になった」は、長谷川先生の生活を追ったドキュメントで、この嗜銀顆粒性認知症の症状と思われるものが放送されています。
 認知症医療の第一人者である長谷川和夫先生が「自分の姿を見せることで、認知症とは何か伝えたい」と、当事者としての不安、さらに家族の葛藤が番組の随所に見ることができます。この病気も根治法はなく、激しくなった症状を緩和する薬剤の投与などしかありませんが、寧ろこの
NHKの番組を見ることが役立つ方法かもしれません。

↑このページのトップヘ