本日はアルツハイマー病・レビー小体型認知症(パーキンソン病)などでは、症状が出現する前から匂いが感じられない、味がわかりにくいなどの症状が知られています。

 

また、現在問題になっています新型コロナウイルス感染症も感染初期から味・匂いがわかりにくい症状があるのが特徴的と言われています。これはウイルスが舌・口腔・咽頭に存在し、症状を出現させていると言われていて、唾液のPCRでも診断がつく理由も同じだと言われています。

 

今回はそんなアルツハイマー病患者の味覚障害についての研究論文についてのご紹介です。

 

雑誌:BMC Neurology2020/3/26


著者:河月 稔(鳥取大学)

目的:アルツハイマー型認知症(AD)もしくは軽度認知障害(MCI)患者と認知症でない対照群(NDC)における味覚機能や味覚に影響を及ぼす要因を調査し、認知機能障害と味覚機能との関連を評価した。

対象:AD29例、MCI43例、NDC14


方法:病歴および薬歴を収集し、唾液分泌量測定、認知機能検査、血液検査、全口腔法味覚検査、食事および味覚に関するアンケートを実施した。


結果:AD群は、NDC群と比較し、有意に高い認識閾値が認められた(p0.05)。
②多くは最大濃度でうま味を認識しておらず、これはNDC群と比較し、AD群またはMCI群においてより頻繁に認められた。
③認知機能検査以外の評価項目では、群間に有意な差は認められなかったが、多くは唾液分泌が減少し、血清亜鉛濃度が低く、多剤併用療法を受けていた。
④認識閾値と年齢(r0.229p0.05)および認知機能テストのスコア(r0.268p0.05)との間に有意な関連が認められた。

結論:著者らは味覚機能の障害は、ADでは認められたが、MCIでは認められなかった。しかし、MCIでも、うま味を認識しない人は多かった。認知機能低下を有する高齢者の味覚障害は、唾液分泌、亜鉛濃度、処方薬など味覚に影響を及ぼす要因とは無関係に認められることが示唆されたとしている。

現在、盛んに言われているアルツハイマー型認知症と味覚障害についての論文です。
概ね、今の常識とされている内容で大きな違いはないようです。
このような結果であるために、認知症になって料理が下手になったりするという事実が十分説明できるように思います。

IMG_4206

本日は、新型コロナ感染症に伴うヨーロッパの危機的状況についてです。
2020/4/23の朝日新聞からの報告です。

前々回、緊急事態宣言がでてからというもの、デイサービスの閉鎖・休止が続いているという話しを書きました。
当地域でも、更にその勢いは加速しています。

もちろん、デイサービスを休ませているご家族もたくさんいらっしゃいますので、おそらく経営的にもかなり厳しくなっている施設も少なくないと思われます。

我々診療所も、3割ほど患者さんが減っています。運転資金がなくなっていき、診療所経営にも暗い影が忍び寄ってきます。この状況が1-2ヶ月でなんとか収束に向かうのであれば、持ちこたえられますが、誰もそのようには考えていないと思います。

ヨーロッパのデータでは、総死亡者数の半分が介護施設入居者という報告がでて驚愕しております。

日本は平均的に感染者数の約2%強の死亡率ですが、80歳代の死亡率は11%台ですから、そもそも介護施設に入居する前段階として高齢者の死亡率が高いのです。

当然、介護施設へ入居されている高齢者は余計に高くなるのは想像に難くありません。

集団生活ですから、クラスター化もしやすいでしょうし、一旦火がつくと止めるのは難しいと思われます。

既に日本でもいくつかの高齢者施設・回復期リハ病院・デイサービスでのクラスター化が報告されています。更に他の施設へ繋がっていく可能性も大です。

益々の新型コロナ感染症への注意が必要になっていきます。

鉄剤

本日は「認知症」と「貧血」の関係性についての論文になります。

雑誌:
Current Alzheimer Research(2020/3/16)

著者:Chien-Tai Hong(台湾・台北医学大学)

表題Association between Anemia and Dementia-A Nationwide, Population-Based Cohort Study in Taiwan.(
貧血と認知症の関連-台湾における全国規模の人口ベースのコホート研究)

目的:台湾全民健康保険研究データベースを用いて、新規に貧血と診断された患者における認知症リスクの調査を目的とした人口ベースコホート研究を実施した。

対象:脳卒中による入院歴および認知症以外の中枢神経疾患・精神疾患・外傷性脳損傷・大手術・失血疾患の既往歴がない貧血患者2万6,343例。人口統計および合併症に基づいて貧血患者と1:4でマッチさせた非貧血患者を対照群とした。貧血患者の認知症リスクの評価には、対照群と比較するため、競合リスク分析を用いた。

結果:
①貧血患者における認知症リスクの調整部分分布ハザード比(SHR)は、1.14であった。
②鉄分サプリメントを使用している患者では未使用の患者と比較し、認知症リスクが低い傾向にあった(調整SHR:0.84、95%CI:0.75~0.94、p=0.002)。
③サブグループ解析では、女性、70歳以上および、高血圧・糖尿病・脂質異常症でない患者において、認知症と貧血との相関が認められた。


結論:貧血は認知症のリスク因子であることが示唆された。鉄欠乏性貧血患者に対する鉄分サプリメント使用は、認知症リスクを低下させる可能性があるとしている。

貧血と認知症の因果関係は少ないがあるということです。積極的なリスクではないが、認知症がある中年期特に女性は、鉄剤サプリなどを内服して貧血の改善に努めておいた方がいいですよという論文です。

↑このページのトップヘ