E8AA8DE79FA5E79787
[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

 日本では、2004年に「痴呆」から「認知症」へ名称変更を行われました。これは「認知症家族の会」からの要望も強くあったと言われています。

 私は個人的に「認知症」という言葉は国語としては使い方が著しくおかしいと思っていて好きではありません。中国では「失智症」と言われていて、国語的にはこちらがピンときます。

 国語的には「認知症」ではなく、「認知障害」であるべきです。そもそも「認知症」はあ症状であって病名ではありません。ですから「認知障害」と呼ぶべきだと思っております。

 

さて、そんな中での「痴呆症」から「認知症」という名称変更が差別や偏見を減らしたのかという論文です。

 

雑誌:Brain and Behavior誌オンライン版(2020/12/21

 

著者:山中 克夫先生(筑波大学)

 

目的:認知症患者の家族の観点から、「認知症」という言葉がうまく機能しているかを調査し、感情に影響を及ぼす因子(認知症患者の周囲の人の気持ち、家族や患者の属性)を見つけるため、検討を行った。

 

対象: 3つの病院を受診した認知症患者に同行する家族155人が対象。

 

方法:認知症の呼称と患者の周囲の人の気持ちについて調査を行った。認知症の呼称に対する不快感の程度を分析した。

 

結果:

   「認知症」は「痴呆」よりも不快感が少ないと回答した人は71.6%であった。

   「認知症」は差別的であると考えていた人は、13.2%であった。

   対象者の約3分の1は、「認知症」でも不快感があると回答した。

   「認知症」に対するネガティブな感情に影響を及ぼす因子は若い家族、妻、夫、兄弟が家族の認知症を周囲に開示することへのためらいであった。

   認知症を周囲に開示することへのためらいを緩和する因子は、性別(女性)であった。

結論:著者らは厚労省が以前に調査した結果と比較し、今回の結果は全体として、認知症患者の家族における不快感を軽減していることが示唆されている。しかし、依然として差別や偏見を感じている家族は存在する。そのため、影響する因子を考慮した新たな政策が求められるとしている。

 

 論文が示す如く、認知症患者家族の不快感が減少させたことは大変意義深いものと思います。一方、かなりの高齢で認知機能障害を呈した人が以前なら「少しぼけてきたよね」程度で片付けられていたのに、今では「認知症」という病気の老人に仕立て上げられて、通院を余儀なくさせられたと言うご意見があるのも事実です。

 

 また「認知」という略称で語られ、新たな「差別・偏見」を産んでもいます。

正解はどこにもありません。「差別・偏見」を少しでも減らしていくために我々が頑張って行かなければならないのです。


BAN2401

[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます。
この1年、ブログ作成が滞っておりますが、何とか今年は頑張って書いていこうと思います。

さて新年一発目はアルツハイマー病の薬です。

アリセプトで有名なエーザイ社は、いくつもの抗認知症薬の研究を行ってきました。
アデュカヌマブはアメリカのFDAにも申請されている薬剤で、今後発売されていく可能性があります。

そのアデュカヌマブに次いで期待されている薬が「BAN2401」です。

今回は治療ではなく予防薬としての枠組みになります。
既にたくさんの薬の開発がなされてきたわけですが、殆どの薬が失敗に終わっています。
多くの製薬会社は抗アルツハイマー病の薬から撤退してしまいました。

「脳細胞が損傷してしまってから薬で、原因物質を除去しても効果が見られない」からです。

そこでこの「BAN2401」は予防という枠組みで薬を使用するというデザインで治験を始めることとなったわけです。アメリカでは2020年9月からスタートしています。4年間の投与期間ですので結果がでるのは随分先の話になるわけですが、予防という枠組みでの使用なら効果があるという結果を期待したいです。


倒産件数
介護報酬調整

先日の新聞記事からのお話です。
今年のCOVID-19(新型コロナ感染症)でショートステイ・デイケアなどの施設は大変厳しい状況に追い込まれました。
特に3-5月の緊急事態制限の状況では一気に利用者さんが、そのような施設の利用を中止したために利用者数が激減し、経営状況が悪化しました。

その後、緊急事態宣言が解除されてからも、すぐに利用者さんも元のように通うことがなされず、そのまま辞めて行かれた利用者さんもいらっしゃいました。そのために、どこも緊急事態宣言前の状況に戻れないままだったようです。

通年でも経営状況は悪化していて、東京商工リサーチの調べでも、介護関係施設の倒産件数は右肩上がりなのですが、今年も同様で昨年と比較して倒産件数は過去最高を記録しそうな勢いになっています。

それを反映してか、政府は来年4月の介護報酬の改定をプラス査定にする計画のようです。
元々、介護事業は経営基盤が厳しいところが多く、かつスタッフ確保に難渋する経営環境であります。ですから今回のプラス改定は微々たるものではありますが、福音となることと思われます。

多くの事業者は利用者減と感染対策で疲弊し、かつ経済的にも厳しい環境下に置かれています。常にクラスターの危険と隣り合わせです。利用者さんと介護スタッフが安心して利用ならびに働ける環境作りになるようにと願っております。

↑このページのトップヘ