img_mem_OD_10
img_child02_2_up

本日は抗認知症薬についにジェネリックがでるというお話です。

アリセプトについては既にジェネリックが以前から出ていますが、メマリー・レミニールについてもジェネリックがでることになります。

例えばメマリーですが、1ヶ月分で計算しますと
ここでは20mgで計算します。
429.5円x30日分=12885円で、3割負担で3865.5円。2割負担で2577円。1割負担で1288.5円。

今回ジェネリックになりますと163.6円(約38.1%)
163.6円x30日分=4908円で、3割負担で1472.4円。2割負担で981.6円。1割負担で490.8円。

概ね1/3程度の金額になります。もちろん薬剤の値段以外にも調剤費など諸々のお金がかかりますので、もう少し余計にお金がかかることになりますが、とにかくジェネリックがでて1/3と財布に優しい金額になります。

先発品でいくかジェネリックでいくかは個人の考えです。
当院で以前調べた時には、アリセプトでジェネリックにされた患者さんは全体の約4割しかいなかったということです。

当院では、勝手にジェネリックへ変更することはなく、患者さんが希望されればそのように変更していただいて問題ないですよというスタンスです。

レミニールは先発品で172.8円ですが、ジェネリックでは77円(約44.6%)です。
こちらについても窓口負担は随分軽減するのは間違い有りません。