IMG_4353

本日は認知症のスクリーニングテストとして有名な長谷川式の長谷川和夫先生の本についてです。

KADOKAWAから定価1300円で絶賛発売中です。帯にも書いてありますが、既に5万部以上売れているとのことで、出版不況の現況ではHit作と言えます。

歯齦顆粒性認知症になられたことを告白されていらっしゃる長谷川先生ですが、既にNHK特集でも取り上げられていますので、介護業界の人でも今の先生のありようというのは容易に理解できる状況と思われます。

ですので、先生の今までの著述や口頭で述べられたこと、既に研究会・講演会などの資料などを元に読売新聞編集員であります猪熊律子さんとの共著という形と理解しています。

内容の多くは、介護に関わる皆様がお読みになっていただけるレベルですし、ご家族が認知症になられ介護されている人などでも大変興味深く読める内容になっています。

認知症がまだ痴呆と呼ばれる頃、何も共通の尺度=ものさしがなかった頃から、長谷川式を作った歴史的な経緯などは大変興味深く読ませていただいた。

誰も前を歩く人がいないところを、一人で開拓された偉大な人であることを改めて知りました。
勉強になります。