[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は最新の研究論文からです。
匂いを感じなくなるのは認知症の初期症状として有名になってきていますが、それに加え長く眠るのも認知症の危険因子ではないかという論文です。

雑誌:Neurology(2017;88:1172-1179)

要約:Framingham Heart Studyの参加者2,457例(平均年齢72歳、女性57%)を対象に、1日の総睡眠時間と認知症リスクおよび脳の加齢との関係を検討した。
自己報告に基づき、睡眠時間を6時間未満、69時間、9時間超に分類した。
 10年間の追跡で234例に認知症の発症が確認された。多変量解析の結果、9時間を超える睡眠と認知症リスクとの間に有意な関係が認められた(ハザード比2.01)。この結果には登録時の軽度認知障害(同2.83)と、高校卒業未満の最終学歴(同6.05)が強く関係していた。

 登録前の平均
13年間における睡眠時間9時間超への移行は、全認知症(HR 2.43)および臨床的アルツハイマー病(同2.20)のリスクと関係していた。また、9時間超群は69時間群に比べて脳の総容積が小さく、遂行能力も不良であった。

 何となく認知症の初期は意欲低下があり、だらだらと睡眠の深さは深くないものの睡眠時間としてはかなり長くなあるという印象はありますので、納得いく結果ではあります。
 この結果が更に、脳機能画像の変化も更にあるとなればリアリティーが増す結果になると思われ、今後もけんきゅうせいかが待たれるところです。