イメージ 1

イメージ 2

https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は上記タイトルの話しです。
出典元は10月1日の朝日新聞になります。

実は9月20日に読売新聞に自主返納が9年で18倍に増えて、更に九州・山口・沖縄で3万6700件になったという記事が出ておりました。

そこから10日後に、朝日新聞で10年で23倍という記事になりました。

つまり1年1年自主返納が増えています。

今年3月12日改正道路交通法が施行されて、更に我々医療者も自主返納を勧めますし、今回8月に当院で患者さんアンケートを行いましたが、やはり患者さんは別として患者家族はかなりナイーブになっていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

診断がついて、投薬が始まってから自主返納したというケースもかなり経験しております。
新聞・テレビでも露出が増え、更に高齢者事故もクローズアップされますので、余計に拍車がかかっているものと考えます。

当地では70歳以上の市民に自主返納したケースでは5000円分の交通系ICEカードを渡す取り組みがなされています。

当初1年で167件の予算を計上していたようですが、9月末日にそれを越えてしまって急遽補正予算を組み直して、この取り組みを継続させるなどの、思わぬ余波がここでも見られていて、我々医療者の取り組みも結果を出しつつあると安堵しているところです。

しかし、この取り組みは継続して行われることが大事でも、市に対しても同様の支援を続けていただくことを願うばかりですし、更に認知症高齢者の自動車事故が更に減ることを願っています。