イメージ 1

https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は10月30日月曜日の朝日新聞の記事からです。

今年に入り、このブログでも取り上げている。高齢者x自動車運転です。

もちろん3月12日に道路交通法が改正したからupする割合が増えているし、新聞・TVなどでも登場する回数が多いと考えられます。

①都道府県別の免許返納率
都会地が軒並み高くなっています。上位が大阪・東京・静岡。
これについては当然ながら代替交通手段が整っている。
駐車場も含めてクルマの維持費が高くなるなどの要因も関与している者と考えられます。

田舎がやはり低い。下位3県が三重・岐阜・茨城です。
上位3県から考えますと1/2-1/3の範囲です。
これは先ほどの理由の真逆が理由になっているのだと思います。

②免許証の自主返納数
2017年8月末時点で、2016年とほぼ同数ですので、残り4ヶ月ですので、一気に数が伸びて昨年の1.5倍になる予想です。

この現象は恐らくどんどん増え、来年・再来年とどんどん増えることが予想されます。

当然ながら当院外来でも、そのような診断書を求められることも増えています。
これも今後増えていくと予想されます。

社会的にも、自主返納というスタイルが定着し、75歳という年齢がクルマの免許を考えるいい時期になっていけばと考えます。