イメージ 1


本日はこの話題です。

一般的に三大認知症と言えば
①アルツハイマー型 ②脳血管型 ③レビー小体型の3つを三大認知症と呼びます。

それに加えて
④前頭側頭型を加えて四大認知症と呼ぶこともあります。

しかし、①~③はかなり多い数ではありますが、私の外来で④は3人だけで、全体的に言えば1%程度しかいない計算になります。

もちろん施設によって異なるわけで、例えば精神科病院では数が多いでしょうし、大学病院などでももっと数が多いと思われますが、一般の診療所レベルですと前頭側頭型1%という数字は妥当なレベルだと考えています。

本日はそんな中で、さほど一般的には有名ではないんおかもしれませんが、高齢者の認知症では数が多いとされる歯齦顆粒型認知症についてお届けします。

この名前は認知症を見る医師の側からすると普通ではありますが、一般の人においての認知度は恐らく1%以下と思われます。

しかし、この病名が一気に広まったのは長谷川式の長谷川和夫先生が講演会や新聞などで自分が「歯齦顆粒性認知症」にかかっていることを告白されたからです。

長谷川先生は現在89歳。デイサービスにも通われているようです。

まず歯齦顆粒性認知症の特徴についてまとめてみます。

①1987年Braak Hらが提唱した疾患概念
②高齢発症で緩徐に進行する。
③記憶障害で発症するが、頑固・易怒性・性格変化・暴力行動などのBPSDがみられる。
④アリセプト・レミニール・パッチ剤などのコリンエステラーゼ阻害剤は有効ではない。
⑤MRI検査上は、左右差を伴う側脳室内側部萎縮
⑥海馬萎縮は顕著だが、HDS-R・MMSEといった認知機能testはまずまず
⑦PET/SPECTでは左右差を伴う側頭葉内側面の低下がみられる。

高齢者で進行がゆっくりで、症状が派手だが、認知機能testは良くて、MRI上は左右差のある強い萎縮がみられる。

こんな患者像です。イメージできるでしょうか?

当院にも2人ほど患者さんがいますが、恐らく5%程度いらっしゃるということになっていますので、私自身がきちんと診断できていないということになります。

なかなか認知症は難しいです。
根治療法がなく、さらに現在使える抗認知症薬に効果が無いとなれば、診断はつきました。だけど、することはないと言われれば家族も含めて困惑するだけです。

難しいですね。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda