[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

今回も最新の研究報告からです。

高齢化が進み、心房細動という不整脈の患者さんが増えています。

心房細動は長嶋監督・オシム監督・小渕首相などが心房細動から心原性脳塞栓症をおこし注目をあびた疾患です。

もちろん心房細動があれば脳梗塞をおこしやすい。そのため脳血管性認知症をおこしやすいと考えるのは非常にわかりやすいのですが、最近はアルツハイマー型認知症もおこしやすいという話になっています。

雑 誌:Journal of Internal Medicine(2019/3/2)

著 者:Dr.Lina Ryden(スウェーデン・ヨーテボリ大学)

目 的:2000~01年、70歳の被験者561例について、諸検査を75歳時と79歳時にfollow-upした。
70歳時の心房細動は、ECG、代理報告、National Patient Register(NPR)により確認した。
70歳・75歳・79歳の脳卒中は、自己報告、代理報告、NPRにより確認した。
ベースライン時およびフォローアップ時の認知症は、神経精神学的検査、代理報告、NPRに基づき、DSM-III-Rで診断した。

結 果:
/緩失抛阿鰺する参加者は、12年間のフォローアップ期間に認知症リスクがほぼ3倍に増加した。

∪別で層別した場合に男性のみ(HR:4.6、性別と心房細動の交互作用:p=0.047)
APOE対立遺伝子ε4の非保有者のみ(HR:4.2、APOEと心房細動の交互作用:p=0.128)で認められた。

心房細動による認知症の人口寄与危険度は13%であった。

結 論:無症候性脳血管リスクの指標としての心房細動の関連をさらに調査する必要がある」とし、また「心房細動の患者は認知症状を検査されるべき」と提言している

昨今の研究会などでも心房細動が心臓・脳梗塞だけでなく、認知症の危険因子であるという報告が大変ふせています。
この前向き研究でも同様の報告です。

高齢になれば心房細動自身はおこしやすい疾患です。
はやめの抗凝固療法の導入だけでなく、定期的な認知機能checkが必要な洋です。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda