IMG_4719

本日は10月11日(日)の朝日新聞の記事からです。

介護保険利用者の増加(高齢者の増加も相まって)によって介護保険料は右肩上がりです。

2000年度全国平均2911円だったものが、2018年には5869円。つまり2倍になっています。

これが2025年には7200円まで上昇することが予想されています。

介護保険料が上昇するにつれて、滞納者が増加し、2018年には65歳以上の高齢者1.9万人が滞納しているというデータが公表されました。

恐らく、この数はどんどん増えることが予想されます。
金額があがるので、仕方ないわけではありますが、抜本的な対策を講じる必要があります。

例えば40歳以上から介護保険料を負担し始めるわけですが、これを例えば30歳くらいにまで引き下げると言う方法があります。税を広く浅く負担していただくという発想です。

もう一つは、医療保険もそうなんですが、最高負担額は3割ふたんですが、これを4割にまで増やすという方法です。それなりの収入のあるひとには、たくさん負担していただくということです。

このような方法をしても、もちろん滞納者はでるわけですが、それは払って頂けるような対応策を考えたり、公的な援助を行ったりということになります。

団塊の世代が一気に高齢者になる前に対応が必須と思われます。