カテゴリ: 危険因子

イメージ 1

イメージ 2

https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

8月20日(日)認知症の研究会で大阪に行ってきました。

大変興味ある演題4題に中学の同級生・高校の同級生などにも会えて楽しい1日となりました。

その中で興味ある演題としては「糖尿病と認知症」の密接な関係性についてです。

新潟大学の池内先生のご講演が大変興味深いものでした。

最近JAMAICA Neurologyという雑誌にでて論文を引用されていて、
アメリカで行われた前向き研究でARIC studyという論文からアルツハイマー型認知症の危険因子として
①年齢8.06倍 ②apoE4 1.98倍 ③糖尿病1.77倍 ④喫煙1.41倍 ⑤高血圧1.39倍 ⑥教育歴1.37倍
というデータを見せていただきました。

先日もこのブログで認知症の危険性を35%下げることができるという論文を紹介しましたが、少なくとも糖尿病・高血圧にならないようにして、喫煙しなければ随分と可能性を減らすことができるということです。

にしても高血圧より糖尿病のriskが高いんですよね。

これは久山町研究でも高血圧より糖尿病のほうがアルツハイマー型認知症に対してriskが高いことが報告されていて、アメリカでも日本でも同様な結果と考えられるということになります。

近年、外来で見ていても糖尿病患者さんの数が激増しています。高齢化とも相まって認知症のriskも増やすことになります。

是非、気をつけないと行けません!

イメージ 1

https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。 クリックをお願いします。

本日は最新の研究報告です。

認知症の予防のために何をしたらいいのか?という論文です。

今までにも危険性を上げる要因・下げる要因ありますが、具体的人9つの修正可能な因子をpick upしている論文で大変興味深い内容になっています。

雑誌:Lancet(2017/7/20)

発表者:Dr. Gill Livingston (University College London)

発表:アルツハイマー協会国際会議2017(英・ロンドン)で発表した。

 認知症を発症するのは主に65歳超の高年期であるが、脳の変化はその数年前から始まっていることが多い。そこで、小児期(18歳未満)や中年期(45〜65歳)のリスク因子にも目を向けて認知症予防に取り組む必要がある。

 同氏らは小児期、中年期、高年期における9つの"修正可能な"リスク因子として
(小児期)①教育期間の短さ(15歳超での教育が継続されず小学校が最終学歴)
(中年期)②高血圧③肥満④難聴
(高年期)⑤喫煙⑥抑うつ⑦運動不足⑧社会的孤立⑨糖尿病

これらの各リスク因子の認知症発症への影響をモデル化し、完全に排除できた場合に認知症症例全体の何パーセントの予防につながるかを推算した。

 その結果、これら9つのリスク因子全てを完全に排除できれば、認知症の35%を予防できる可能性が示された。
  リスク因子への介入が全ての認知症の発症遅延・予防につながるわけではないが、介入の効果を最大化するには社会の中にうまく取り入れて安全かつ効率的な介入を図る必要がある。

 なかなかおもしろい研究結果だと思います。
既に中年期の私であれば、今の生活を続けると仮定したならば高血圧・肥満・運動不足・糖尿病を防ぐことで、認知症の危険性を1/3減らすことができるということなんでしょう。

https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

今日のお話は認知症の久山町研究の話です。
久山町研究は大変有名な疫学的研究で、当初は九州大学病院が昭和36年から継続して行っている疫学的研究で、当初は脳卒中を中心にやっていたものですが、ここ最近は認知症においても大変立派な報告がなされています。

今回は九大の小原先生の報告です。

雑誌:Neurology(2017/4/19)

目的:65歳以上の地域住民を対象に、1985、1992、1998、2005、2012年の5回にわたり認知症の横断的研究を実施した。1988年(803例)と2002年(1,231例)に認知症でない高齢者からなる2つのコホートを確立し、それぞれ10年間追跡調査を行った。

結果:①認知症有病率:1985年:6.8%、1992:年4.6%、1998年:5.3%、2005年:8.4%、2012年:11.3%

②アルツハイマー型認知症有病率:1985年:1.5%、1992年:1.4%、1998年:2.4%、2005年:3.9%、2012年:7.2%

③脳血管性認知症:1985年:2.4%、1992:年1.6%、1998年:1.5%、2005年:2.4%、2012年:2.4%

ということで認知症の有病率、アルツハイマー型認知症の有病率は増加しているもののおおおお、脳血管性認知症の有病率は増加していない。この理由として長生きするようになったことと、アルツハイマー型認知症の発症率が増加していることがあげられます。

今までの久山町の疫学的研究からも高血圧の割合が減ることで、脳血管性認知症の患者さんが増えず、糖尿病が増えたことでアルツハイマー型認知症が増えたとも考えられます。

先進国では高齢者の数が増えてきているので認知症患者は増えてきているものの、発症率は頭打ちか減少する方向という論文もでており、興味深い研究発表だと思われます。

[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は最新の研究論文からです。
匂いを感じなくなるのは認知症の初期症状として有名になってきていますが、それに加え長く眠るのも認知症の危険因子ではないかという論文です。

雑誌:Neurology(2017;88:1172-1179)

要約:Framingham Heart Studyの参加者2,457例(平均年齢72歳、女性57%)を対象に、1日の総睡眠時間と認知症リスクおよび脳の加齢との関係を検討した。
自己報告に基づき、睡眠時間を6時間未満、69時間、9時間超に分類した。
 10年間の追跡で234例に認知症の発症が確認された。多変量解析の結果、9時間を超える睡眠と認知症リスクとの間に有意な関係が認められた(ハザード比2.01)。この結果には登録時の軽度認知障害(同2.83)と、高校卒業未満の最終学歴(同6.05)が強く関係していた。

 登録前の平均
13年間における睡眠時間9時間超への移行は、全認知症(HR 2.43)および臨床的アルツハイマー病(同2.20)のリスクと関係していた。また、9時間超群は69時間群に比べて脳の総容積が小さく、遂行能力も不良であった。

 何となく認知症の初期は意欲低下があり、だらだらと睡眠の深さは深くないものの睡眠時間としてはかなり長くなあるという印象はありますので、納得いく結果ではあります。
 この結果が更に、脳機能画像の変化も更にあるとなればリアリティーが増す結果になると思われ、今後もけんきゅうせいかが待たれるところです。

 [[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
 ランキングに参加しています。クリックお願いいたします。 
 
2015年に放映されたウイルスミスの「concussion」をご存じでしょうか?
重厚なテーマを掘り出したいかにもアカデミー賞好みの映画を紹介する。
 
なぜ認知症日記なのにである。
コンカッションとは脳震盪という意味です。我々脳外科医は外来で拝見するケースが多く、「concussion」は普段からよく使う言葉です。
 
この映画はNFLのスター選手が現役を引退した後、精神症状や認知症になって早死にするケースに疑問を投げかけ、病理解剖した黒人医師が慢性外傷性脳症(CTE)という概念を発表した。
NFLは全くそれを認めず、発見した黒人医師は閑職に追いやられたり、黒人であるためになかなかその概念を受け入れてもらえなかったりの話である。
 
経験的にも相撲取り・プロレスラー・ボクサーは早死するケースが多い。
先ほど亡くなった伝説のチャンピオン「モファメッド・アリ」はパーキンソン病になってしまったが、決して長生きの部類ではない。慢性的な外傷(意識障害を伴うと更に危険性がup)を繰り返すと認知症になる危険性が高かったり、興奮・攻撃的な症状を伴う精神障害を呈する確率が上がるのは間違いない事実でもあります。
 
そのような危険性の高いsportsにおいては十分な知識と防御策やおこった際の対応マニュアルの整備が、引退後の人生において大変大事なものになる。
 
このこを端的に示した大変すばらしい映画だと思います。
是非鑑賞してください。
イメージ 1

↑このページのトップヘ