カテゴリ: 認知症の症状

イメージ 1

https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は読売新聞からです。興味ある記事がありました。

認知症患者さんの徘徊・幻視といっ症状をVRで表現するものです。
私自身も生にリアルな話を聞くことはたびたびありますが、自分自身が経験することはできません。

確かにVRならその世界をリアルに体験できるのではと考えます。

 認知症の患者さんに幻覚や記憶障害はつきものですが、その症状をVR(仮想現実)で体験できる映像が東京にある「シルバーウッド」(本社・東京都港区)という会社が、2016年1月頃から製作し、各地で体験会が開かれている。

「社員研修に使いたい」として、認知症の人と接する機会のある企業や、学校からすでに計4000人以上が参加。開催を求める声も殺到している。

 製作した会社は今夏にも、認知症の基本的な知識を学んだ講師の養成を始め、全国に活動を広げる考えだ。

 ある調剤薬局チェーンで、社員ら約50人が専用のゴーグル型端末とヘッドホンを装着し、認知症の理解を深める研修の一環で、端末のボタンを押すと、VRの映像と音声が流れ始めた。

 画面に柵のないビルの屋上の風景が広がる。顔を下に向けるとビルの下が見え、足がすくむ。「大丈夫、右足から行きますよ」と音声が聞こえ、振り向くと男性が笑顔で語りかけていた。リアルな映像に参加者から悲鳴すら上がった次の瞬間、車から降りる様子に切り替わった。

 この映像は、認知症の高齢者が、介護施設の送迎車から降りるのを異様に怖がっていた際に、「屋上から落とされそうになった」と話したことを基に作られた。

 ほかにも、ケーキの上に虫がいるように見えたり、電車に乗っていて降りる駅が分からなくなったりと、認知症の人の話を参考にしたVR映像がある。
 
 認知症の人には徘徊(はいかい)や暴言、幻覚などがある場合があり、周囲から理解されずにストレスがかかり、より悪化するケースも多い。政策会社社長(45)は、「風邪のつらさは経験があるからみんな共感できる。臨場感があるVRを体験することで、認知症の人に共感できるのでは」と話している。

[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

毎日毎日患者さんを見ていきますと、なかなか対応できにくい事例で悩むことがあります。

最近困っているのはタイトル通りの事例です。
1日数時間トイレに籠もる患者さんです。
口癖は「お通じがでない」「もうでそうにある」「すぐそこまできているから、待ってて!」

そのために外にでかけない。出かけるときはウオシュレットがあるところしか行かない・・・。

デイサービスに行ってる患者さんで、デイサービスで催し事に参加せず、トイレに籠もる。食事中にもトイレに行くを繰り返し、他の利用者さんがトイレが使えないという事態にも及んでいるのです。

多くは肛門にウオシュレットをずっとあてているようで、あるところで心地いいというのもあるし、お通じがでないという悩みもあるし、問題が複雑化しています。

ある家庭では、あまり長くトイレにいてウオシュレットを使うので、壊れて買い換えたという猛者もいました。
ある家庭では、ウオシュレットを外していただいた所もあったようです。

しかし、デイサービスでウオシュレットがないところは、ほぼないのでデイではまた同じ光景のようです。

理屈で責めても、当然無意味でいい方法が思いつかないまま、ずるずる日々を送っています。

誰かいい知恵を教えていただきたい・・・。

[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
 ランキングに参加しています。クリックお願いいたします。

今日は認知症とおしっこの話です。

認知症患者さんでは、頻尿や失禁などのトラブルが多く、泌尿器科へ相談してもなかなか解決できないことが多いのが一般的です。

特に夜間の頻尿は睡眠の問題にも関係しますし、介護者も夜間睡眠を阻害されて対応に追われることも少なく我々ともども悩み事の一つでもあります。

 

今回はそんな認知症患者さんでのおしっこの話で第23回日本排尿機能学会からの報告です。

認知症と尿路機能障害を合併する場合は以下の3つのパターンにわかれます。
認知症疾患による下部尿路支配神経系の障害を原因とした神経因性の下部尿路機能障害
認知症疾患の中核症状、行動・心理症状(BPSD)およびその他の合併症状を原因とした機能性の下部尿路症状
認知症疾患の治療に伴う医原性の下部尿路機能障害

 
のパターンでは、認知症の種類、重症度によって神経の障害される部分が異なり、下部尿路機能障害の起こり方も違う。また認知症では下部尿路機能障害の他に夜間多尿が夜間頻尿の一因になっていることがある。

 
のパターンでは、中核症状である認知機能障害およびBPSDによって下部尿路症状を来す場合がある。例えば、「排尿したことを忘れる」「トイレの場所が分からない」「トイレに行くという思考能力の低下」「排尿していいかどうかの状況判断ができない」「トイレに行く意思表示ができない」など、症状の表出形として下部尿路症状を起こす。また、BPSDから機能性の下部尿路症状を起こすこともある。認知機能症状だけでなく、併存する運動障害、睡眠障害、排便障害などによる機能性の下部尿路症状もある。

 ③
のパターンでは、中核症状に対する認知症治療薬などアセチルコリン受容体刺激作用を有する薬剤や、BPSDに対する向精神病薬など抗コリン作用を有する薬などで下部尿路症状を来す場合がある。抗認知症薬のコリンエステラーゼ阻害薬と過活動膀胱治療薬の抗コリン薬の併用は、単独よりも日常生活動作を有意に低下させるという報告もあり、注意が必要となる。

 「認知症患者の下部尿路機能障害を治療する際、泌尿器科と神経内科が連携して、まず認知症の診断と患者の下部尿路症状の原因をしっかり把握することが重要」と強調されています。

 本当にわかりやすく3つにわけられているのですが、いずれの患者さんが1つの理由でなっているのではなく、overlapしているケースもあり、これもなかなか一筋縄ではいかないのが本音だと思われます。

[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
 ランキングに参加しています。クリックお願いいたします。

 
本日は、認知症の講演会からの話です。
愛知県認知症疾患医療センターの川畑信也先生の講演を先日聞いてきました。
 
川畑先生の話はいつも実際的で、臨床に則した興味深い話をいつも聞かせていただきます。それは明らかに日々たくさんの認知症患者さんを見ているのが肌で感じられる話ですから、目線が我々にちかいという風に感じています。
今回特に興味を持った話は、自分も普段感じていることをデータ化していただいたタイトル通りの話です。
 
川畑先生の認知症外来では
   ①   家族が受診に連れてきた場合    認知症412VS正常35
   ②   自分で受診された場合         認知症7VS正常107
   ③   かかりつけ医から受診された場合   認知症138VS正常18
というデータを見せていただきました。
 
私は外来で家族が連れてきた場合は認知症10:正常1
本人のみで来た場合は認知症1:正常10
の割合ですよと以前から話していましたが、今回の先生のデータは私の外来での肌感覚と同じような感覚でした。
生のデータですから大変意味のあるデータです。


やはり自分で記憶力が低下している。もしくは物忘れがあると判断してもしくは他の人から指摘されて、普段の病院ではない病院を探して受診する。それも一人でという場合には、行動力を含めてまっとうな理解・判断・実行ですから、やはり認知機能が低下していないのが圧倒的なことも十分うなずけるのではと思います。


大変興味深いデータでした。

[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
 ランキングに参加しています。クリックお願いいたします。 

本日はまさにタイトル通りの話になります。
認知症の診断には、一般的な病歴・家族歴・神経学的兆候・スクリーニング検査(長谷川式・MMSE)・神経心理学的検査(リバーミード・レーブン色彩マトリックス・FAB・SDSetc.)・頭部MRI・SPECT・MIBG心筋シンチ・採血・ECG・胸写などが施行されます。

当院では、その中では一般的な病歴・家族歴・神経学的兆候・スクリーニング検査(長谷川式・MMSE)・頭部MRI・採血(ECG・胸写)を通常行っています。

しかし経験豊富な専門医が各種検査を行ったも診断がつかないことが多々あります。
私自身も悩むケースでは大学病院で紹介することも稀にありますが、結局納得いく診断が得られないこともよくあります。

その理由としては脳の組織を病理検査することができないので、確定診断を下すのは亡くなって解剖するしか方法がないからなんだと思います。

アメリカのFrorida Brain Bankというものがあって、認知症患者さんがなくなられた後に病理解剖すると診断が間違っていたり、2つもしくは3つの診断名がつくことがよくあることを報告しています。

また日本でも同様の報告がなされており、臨床診断と病理診断が異なることは珍しくありません。

つまり、どのように一生懸命に診断しても間違っていることはよくあるのです。
ただ診断が違っても治療方法がさほど変わらない。もしくは、現時点では診断名が変わっても治療する選択肢があまりないので大勢に影響なしなのは事実なのです。

アルツハイマー型認知症に適応がある薬剤でも全く効果がないものもあれば、効果があるものもある。これは決して診断名が違うからではなく、その人の病気の特性として治療薬への反応性のなさに起因しているからだと考えています。

ただし、これから診断の精度が更に高くなり、治療する選択肢が増えていて治療効果が上がってくるようになると、適正な診断力が更に患者さんの予後を大きく変えることになる可能性があります。ですので診断に力をいれつつ、現状は上手に対応していく力が求められているのだと思っております。

↑このページのトップヘ