カテゴリ: 認知症の最新研究

孤独感と認知症

[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

以前から
社会的孤独は認知症リスクをあげることが知られています。
言われてみたら当然ですが、刺
激のない生活であり、喜びの少ない生活ですから、決して認知機能に対して良い影響は与えないことが簡単に理解できます。

この研究は九州大学が長年研究している「久山町研究」からの研究結果になります。

 久山町研究は認知症の危険因子および防御因子を同定し、その発症リスクを低減することを目指しています。
 認知症のない高齢住民およそ1,000人を1985年から長期間にわたって追跡、ベースライン時の因子が認知症の発症にどのような影響を与えるかなどを検討しています。

 対象は65歳以上の高齢者1,141人を中央値で5.0年間追跡した結果、孤独感がある人ではない人に比べて認知症の発症リスクが1.5倍と有意に高まることが示された。

 また、同居していない親族や友人との交流頻度で層別して情緒的孤独感の有無と認知症発症の関連を調べたところ、交流頻度が月数回以上ある人では情緒的孤独感の有無にかかわらず認知症発症リスクに有意差は認められなかったが、交流頻度がほとんどない人では、情緒的孤独感の有無によって著しい差が見られ、情緒的孤独感がある人は情緒的孤独感がない人と比べて認知症の発症リスクが5.3倍高まるという結果でした。

 現在、国でまた各市町村で認知症対策をやっていますが、大変重要な指摘です。
 地域で独居の高齢者は、概ね把握できているようですが、どれくらいの活動を行っているかは把握できていません。草の根運動ではありますが、自治会・老人会・民生委員さんなどの手を借りて、孤独化している独居高齢者の調査をしていくことは非常に意義のあることではないかと考えます。

E8AA8DE79FA5E79787
[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

 日本では、2004年に「痴呆」から「認知症」へ名称変更を行われました。これは「認知症家族の会」からの要望も強くあったと言われています。

 私は個人的に「認知症」という言葉は国語としては使い方が著しくおかしいと思っていて好きではありません。中国では「失智症」と言われていて、国語的にはこちらがピンときます。

 国語的には「認知症」ではなく、「認知障害」であるべきです。そもそも「認知症」はあ症状であって病名ではありません。ですから「認知障害」と呼ぶべきだと思っております。

 

さて、そんな中での「痴呆症」から「認知症」という名称変更が差別や偏見を減らしたのかという論文です。

 

雑誌:Brain and Behavior誌オンライン版(2020/12/21

 

著者:山中 克夫先生(筑波大学)

 

目的:認知症患者の家族の観点から、「認知症」という言葉がうまく機能しているかを調査し、感情に影響を及ぼす因子(認知症患者の周囲の人の気持ち、家族や患者の属性)を見つけるため、検討を行った。

 

対象: 3つの病院を受診した認知症患者に同行する家族155人が対象。

 

方法:認知症の呼称と患者の周囲の人の気持ちについて調査を行った。認知症の呼称に対する不快感の程度を分析した。

 

結果:

   「認知症」は「痴呆」よりも不快感が少ないと回答した人は71.6%であった。

   「認知症」は差別的であると考えていた人は、13.2%であった。

   対象者の約3分の1は、「認知症」でも不快感があると回答した。

   「認知症」に対するネガティブな感情に影響を及ぼす因子は若い家族、妻、夫、兄弟が家族の認知症を周囲に開示することへのためらいであった。

   認知症を周囲に開示することへのためらいを緩和する因子は、性別(女性)であった。

結論:著者らは厚労省が以前に調査した結果と比較し、今回の結果は全体として、認知症患者の家族における不快感を軽減していることが示唆されている。しかし、依然として差別や偏見を感じている家族は存在する。そのため、影響する因子を考慮した新たな政策が求められるとしている。

 

 論文が示す如く、認知症患者家族の不快感が減少させたことは大変意義深いものと思います。一方、かなりの高齢で認知機能障害を呈した人が以前なら「少しぼけてきたよね」程度で片付けられていたのに、今では「認知症」という病気の老人に仕立て上げられて、通院を余儀なくさせられたと言うご意見があるのも事実です。

 

 また「認知」という略称で語られ、新たな「差別・偏見」を産んでもいます。

正解はどこにもありません。「差別・偏見」を少しでも減らしていくために我々が頑張って行かなければならないのです。


BAN2401

[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます。
この1年、ブログ作成が滞っておりますが、何とか今年は頑張って書いていこうと思います。

さて新年一発目はアルツハイマー病の薬です。

アリセプトで有名なエーザイ社は、いくつもの抗認知症薬の研究を行ってきました。
アデュカヌマブはアメリカのFDAにも申請されている薬剤で、今後発売されていく可能性があります。

そのアデュカヌマブに次いで期待されている薬が「BAN2401」です。

今回は治療ではなく予防薬としての枠組みになります。
既にたくさんの薬の開発がなされてきたわけですが、殆どの薬が失敗に終わっています。
多くの製薬会社は抗アルツハイマー病の薬から撤退してしまいました。

「脳細胞が損傷してしまってから薬で、原因物質を除去しても効果が見られない」からです。

そこでこの「BAN2401」は予防という枠組みで薬を使用するというデザインで治験を始めることとなったわけです。アメリカでは2020年9月からスタートしています。4年間の投与期間ですので結果がでるのは随分先の話になるわけですが、予防という枠組みでの使用なら効果があるという結果を期待したいです。


今回も認知症についての研究レポートです。

九州大学から長い年月をかけたレポートですので、大変意味のある興味深いレポートです。

 

雑誌:Neurology. 2020 Aug 04;95(5);e508-e518.

 

発表者:吉田 大悟(九州大学)

 

目的:日本のコミュニティ在住の高齢者における認知症の累積発症率とそのサブタイプを推定する検討を行った。

方法:コミュニティ在住で60歳以上の日本人高齢者1,193例を対象に、17年間前方視的にフォローアップを行った。認知症の累積発症率は?

結果:
①フォローアップ期間中に認知症を発症した高齢者は、350例であった(アルツハイマー病[AD]:191例、血管性認知症[VaD]:117例)。
②認知症の生涯リスクは、55%であった(95CI4960%)。
③女性の認知症の生涯リスクは、男性と比較し、約1.5倍であった。
 女性:65%(95CI5772%) 男性:41%(95CI3349%)
④男女別のADおよびVaDの生涯リスクは、以下のとおりであった。
 女性のAD生涯リスク:42%(95CI3550%) 女性のVaD生涯リスク:16%(95CI1221%)
 男性のAD生涯リスク:20%(95CI734%)男性のVaD生涯リスク:18%(95CI1323%)

考察:著者らは「日本人高齢者の認知症の生涯リスクは、50%以上であり、非常に高かった。現在の日本のコミュニティにおいて、認知症に起因する生涯負担は、計り知れないことが示唆された」としている。

この結果についても年度・年度によって変わってくると思われます。

もう数年前から先進国では、認知症の発生率が低下してきています。個々にはいろんな要素が関わってきますが、日本からも今後認知症の発生率が減少していくreportがでてくるのではないかと考えています。

img1

本日は高齢者の車の運転についてです。

認知症の患者さんに車の運転を止めていただくことは大きな問題です。
殆どの家族は、車の運転をやめていただきたいと話してくれますが、一部の家族で「認知症が進行するので、車の運転は続けさせたい。」と話される家族がいるのも事実です。

あなたの父親もしくは母親の「認知症の進行が進まないように周りに迷惑をかけてもいいものでしょうか?」とお尋ねしますが、概ね「それとこれは別問題」だと言い放たれています。

ここまで認知症高齢者の運転が問題視されているなか、少数のご家族でこのような意見があるのも事実なんです。

さて、そんな中高齢になって自動車の運転をやめた人は、運転を続けた人に比べて
「要介護となる可能性が約2倍高くなる」
筑波大などのチームがそんな調査結果を公表した。

高齢ドライバーによる事故が問題になる一方、「移動の手段を失うと、活動量が減って健康度が下がる」といわれており、指摘が裏付けられた形です。

 愛知県に住む65歳以上の男女約2800人に協力してもらった。
2006~07年時点で要介護の認定を受けておらず、運転をしている人に、2010年8月の時点で運転を続けているか改めて尋ね、認知機能を含めた健康状態を調べた。

 さらに2016年11月まで追跡し、運転継続の有無と要介護認定との関係を分析した。

 身体能力や認知機能が落ちれば、運転も難しくなりやすい。こうした事例が結果に混じらないよう、10年の調査後すぐに要介護となった人は除き、健康状態の違いが影響しないよう統計学的に調整して分析した。

 その結果、2010年時点で運転をやめていた人は、運転を続けた人に比べて要介護となるリスクが2・09倍あった。
 このうち、運転はやめても移動に電車やバスなどの公共交通機関や自転車を利用していた人では、同様のリスクは1・69倍にとどまっていた。一方、運転をやめて移動には家族による送迎などを利用していた人だと2・16倍だった。

 この結果はbiasが混じっているので、数字をそのまま信じることはできません。
意味合いについては納得できていますが、今後似たようなreportをお待ちしています。

 また、だからといって認知症の診断・治療をしている人が車の運転を容認することはできません。それこそ別の次元の問題と考えています。

↑このページのトップヘ