カテゴリ: 認知症をとりまく環境

0b5806f55cae41c85d965db89c3c21be

[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[
https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

11月17日大阪で痛ましい交通事故がおこり、1人が死亡。2人がケガということです。
交通事故の一部始終が録画されていましたが、アクセルとブレーキを踏み間違え、
前方に向かって突進。壁にぶつかり一旦停車。
今度はバックして、更に前進して、ぶつかってやっと止まるという状況でした。

現行犯で逮捕されたのは89歳の男性。
死亡したのは87歳の男性。
死亡した男性は80歳で免許証は自主返納したという話しも皮肉なものです。

逮捕された男性は認知症ではなかったようですが、驚く内容の運転でした。
もちろん思い込みから、とんでもない間違いをおこすことは誰にでもおこることです。
私も同様の事故をおこす危険性は十分あると思って、ハンダルを握っています。

高齢者の事故があとをたちません。
高齢者教習で認知機能がひっかかって来院されるケースもあとをたちません。

最近は比較的素直に自主返納に応じていただくケースが増えています。
もちろん、中には認知機能には全く問題なく、再度免許証の手続きをとるケースも稀にはありますが、
多くは自主返納。場合によっては診断書を作成し、免許停止の行政処分になるケースが稀にあります。

認知機能でひっかかれば、8割くらいは自主返納もしくは行政処分の対象になっています。(当院調べ)

高齢者運転に対する世の中の目は益々厳しくなっています。
先日、来院された患者さんですが夫婦2人暮らし。
妻が夫を認知症だと思って連れて来られました。
診断は認知症で運転は厳禁ですと話しましたが、妻は夫に運転をしてもらうことを明言。

通院・買い物などには必要不可欠。
とても1人では危なくて見ていられないけど、私が指図すれば大丈夫と話す。
全くの自己都合。聞く耳なし。
薬を飲んで認知症を治して・・・。
周りの人が聞いたら全く理解不能ですが、堂々と語られる始末です。

受診のたびに「車の運転は禁止です。」と話しますし、カルテにも記載はします。
でもどこ吹く風です。
認知症でなくても、このような事故が全国で多発しているのにも関わらずです。

一定の年齢にならないと免許は与えられないのだから、一定の年齢になれば取り上げられ、
そこから必要であれば、技能訓練・免許法制度などのペーパーテストに医師の診断書作成などを
セットにして交付するという制度ができるのであれば、そうしてもいいのかもと思う昨今です。

思いは一つ。痛ましい交通事故がなくなって欲しいです。


池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

市講演会2021

[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[
https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

本日は私が講師をさせていただきます。
市の認知症医療講演会についてです。

毎年、秋口に開かせて頂いていたのですが、コロナ感染症の現状。
それと講演会の会場が現在、大規模接種会場になっていることもあって、二転三転。
結局、12月に入っての開催となりました。

以前は、来てみたい市民の方には全員来て頂いていました。
多いときには150人を超える年もあったように記憶しています。
ケーブルテレビの取材に雑誌の取材もきて忙しい講演会になっていましたが、
コロナの事もあって、30人の定員。ソーシャルディスタンスを守っての講演になります。

このポイントに絞ってお話しするというよりは、疫学・症状・治療・予防・topicsなど
全ての項目にまんべんなくお話をしないといけません。
また聞きたい知りたい教えて欲しいという項目も事前アンケートで確認するのですが、
十分お答えできないという辛さもあります。

受診されていないケースでは受診へ
家族の異変に早く気づけるような気づきの場になればありがたいですし、
介護されている介護者の知識獲得になれば幸いと思って、お話をさせていただきます。

こういう機会は大変大事で、背中を押してあげる効果効能もあるように感じています。

池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

20211018讀賣1

[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[
https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

本日は10月18日の讀賣新聞からの記事です。
こう見てみると讀賣新聞がこの関係の記事が多くあり、そういう意味では讀賣新聞立派です。

この問題は新しくて古い問題になります。
行政は現状の問題点に気がついているものの対応できていないというのも事実ですし、そうも言ってられない現状があるのも事実です。

介護にはお金がかかります。
例えば、グループホームなら1ヶ月20万円を超えるお金がかかります。年金でその額が賄えたり、十分な貯金があれば入居できます。

その点、サービス付き高齢者住宅(以下サ高住)は10万円程度の金額で入居可能になります。
一般の人はグループホームもサ高住も違いが区別できないと思われます。

基本的にはサ高住は日常生活が自立している人が対象になるわけですが、今のサ高住はそうなっていません。
グループホームとさほど変わらないADL・認知機能の人が入居しています。

そこを埋めていくのが介護保険サービスです。
サ高住の中には、1階に診療所・訪問看護ステーション・ヘルパーステーション・デイサービス・ケアプランサアービスなどを併設していて、サ高住に入居すると、通常の診療・担当ケアマネ・介護保険サービス(ホームヘルパー・訪問看護サービス・デイサービス)を全て同じ業者に委託されてしまうことがよくあります。

それがここに書いてある「介護付け」なんです。
すべて、そのサ高住に入居している医療から介護まで一括して面倒みることになります。

もちろん、それはそれで全部解決するので、こんなにありがたいことはないと喜ぶ家族もいらっしゃると思いますが、中には悪い業者もいて、介護保険の区分目一杯に不要なサービスまでもいれこむ業者もいます。

その実態は中に入ってみないとわかりません。
もちろん、先ほど書いたように持ちつ持たれつの部分があるのは事実で、致し方ない部分があるのも事実です。

このコロナ禍で、面会ができず、どういう状況になっているのか見当つかない状況になっていることも多くあることを記事では説明されています。

どうそお読みいただきたい記事です。


池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

介護保険料

 [[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[
https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

本日は介護保険料の問題についてです。
5月15日の新聞記事からです。

ご存じのように介護保険制度2000年に始まり、先進国の中でも圧倒的な早さで高齢化が進む日本では、切り札のような施策であり、韓国・中国だけでなく、他の国にも強く影響を与えている制度です。

いいろんな意見はあり、功罪相半ばしますが、それなりに効果が大きいのではないかと個人的には思っております。

2000円には介護保険の1ヶ月負担費用は2911円でしたが、全国平均で6000円を超える見通し担ったと言うことです。
患者さんによっては、収入の多寡によって2割負担もいらっしゃいます。

実はあまりしられていないことなんですが、市町村によっても随分値段が違うのです。
この記事にも記載されていますが、都道府県別で言いますと、大阪府・沖縄県では6826えんですが、千葉県では5385円と1500円も異なります。

市町村でも大きく変わりまして、東京都の青ヶ島村では9800円。逆に安いのは北海道の音威子府村で3300円と3倍の開きがあるのです。

今後、段階の世代の皆さんが介護保険を利用したサービス利用が一気に増えることが予想されます。金額もどんどんあがり、平均的に10000円という時期がくることも大いに予想されます。

収入に応じた細やかな調整も必要ですし、利用者負担も1・2割以外にも3割負担という人もでてくると思われますし、2割負担の収入が今より下げられ、2割負担の人がもっと増える可能性も多くなるのではないかと考えます。

サービス内容の抜本的な改革も必要ですし、in-fomalのサービスの充実も必要になるのではないかと考えます。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/


7bc2922eb76ca971da5992cc19f8e1e2a74d19b8_large

 [[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

 

本日は日本におけるアルツハイマー型認知症の介護負担についての報告になります。

この問題は避けて通れません。

お金と時間と精神的な負担がかかります。

 

介護人が多ければ負担割合は減ります。

精神的にも楽になります。

 

経済的にも潤沢であれば、自分での介護を極限まで減らすことは可能です。

 

何れにしても、程度の差こそあれ、どこの介護をされている家族にとっては大きな問題になります。

 

雑誌:Journal of Alzheimer's disease : JAD. 2021;81(1);309-319

 

著者:Dr. 池田 俊也(国際医療福祉大学)

 

表題:Economic Burden of Alzheimer's Disease Dementia in Japan.

(日本におけるアルツハイマー病認知症の経済的負担)

 

(目的&対象)65歳以上の日本のアルツハイマー病患者を対象に、2018年度の年間医療費や介護費、さらに家族による個人的な介護ケアの費用や生産性の損失がどの程度かについて調査を行った。

(方法)文献レビューによるレポートを用いて、臨床的認知症尺度(CDR)スコアにより疾患重症度で分類したうえで、アルツハイマー病の医療費と介護費を推定した。
 介護に費やされた時間的コストは、2069歳のアルツハイマー病家族の介護による生産性の損失とすべての個人的な介護ケアの費用として算出した。


(結果)
①アルツハイマー病の総医療費は、1730億円であった。そのうち86%に当たる9,230億円は、アルツハイマー病の治療薬(1,510億円)以外の医療費であった。

②重症度別のアルツハイマー病の治療薬以外の医療費は、CDR-0.5(認知症疑い)、CDR-1(軽度)、CDR-2(中等度)では2,000億円未満であったが、CDR-3(高度)では4,470億円(48%)に増加した。

③公的介護費は、47,830億円と推定され、重症度に応じて増加が認められた。

2069歳のアルツハイマー病家族の介護による生産性の損失は、15,470億円であり、すべての個人的な介護ケアの費用は、67,720億円であった。

(結論)アルツハイマー病によるコストは、日本における公的医療費、介護システム、その家族に対し、多大な影響を及ぼしている。アルツハイマー病による経済的負担を最小限に抑えるために、健康寿命を延ばすための取り組みが重要となるとしている。

 

常識的な結果であります。

認知症の程度が強くなれば強くなほど、介護度で言えば要介護度が上がれば上がるほど、たくさんのお金と時間が必要になるわけです。

 

ですから健康寿命の延伸が最も大事なことになりますし、政府の認知症に対する予防施策についても大きなウエイトを占めるようになると考えます。

池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/


↑このページのトップヘ