カテゴリ: その他

IMG_4206

本日は、新型コロナ感染症に伴うヨーロッパの危機的状況についてです。
2020/4/23の朝日新聞からの報告です。

前々回、緊急事態宣言がでてからというもの、デイサービスの閉鎖・休止が続いているという話しを書きました。
当地域でも、更にその勢いは加速しています。

もちろん、デイサービスを休ませているご家族もたくさんいらっしゃいますので、おそらく経営的にもかなり厳しくなっている施設も少なくないと思われます。

我々診療所も、3割ほど患者さんが減っています。運転資金がなくなっていき、診療所経営にも暗い影が忍び寄ってきます。この状況が1-2ヶ月でなんとか収束に向かうのであれば、持ちこたえられますが、誰もそのようには考えていないと思います。

ヨーロッパのデータでは、総死亡者数の半分が介護施設入居者という報告がでて驚愕しております。

日本は平均的に感染者数の約2%強の死亡率ですが、80歳代の死亡率は11%台ですから、そもそも介護施設に入居する前段階として高齢者の死亡率が高いのです。

当然、介護施設へ入居されている高齢者は余計に高くなるのは想像に難くありません。

集団生活ですから、クラスター化もしやすいでしょうし、一旦火がつくと止めるのは難しいと思われます。

既に日本でもいくつかの高齢者施設・回復期リハ病院・デイサービスでのクラスター化が報告されています。更に他の施設へ繋がっていく可能性も大です。

益々の新型コロナ感染症への注意が必要になっていきます。

1-180

本日は新型コロナウイルス感染症に伴う現状についてです。

まず、私の周りでもデイサービスが休止においこまれている施設がいくつかあります。
福岡県は緊急事態宣言が宣言以降、いろんな意味で活動が制限されています。

また病院・デイサービス・老健施設・福祉施設でクラスター事例が報告され、ナイーブになっていることも原因です。
今後を生き残るために、ここをなんとかしのぎきる為の方策と言っていいでしょう~?!

またデイサービスが閉鎖に追い込まれた施設がでてきました。
今後、このように閉鎖に追い込まれる施設がでてくることも容易に想像できます。

ケマネージャーは月に1回の担当者会議も開けないような事態です。
これも新型コロナウイルス感染症の蔓延を防ぐために仕方ないことですが、一番困るのは利用者さんであることは間違いありません。

また、ここから未曾有の不景気・恐慌が待ち構えています。
社会では営業自粛→売り上げ低迷→倒産と追い込まれることも多くあると思います。

そうなると金銭的に認知症患者さんへのサービスに対してお金が払えないので、中止されていく利用者さんも出てくることが予想されます。

現状は、どのように進んでいくかを注視する段階ではありますが、難しい問題が山積しているのは間違いないところです。

IMG_20200402_0001_NEW

前回に引き続き、介護保険サービスについての話題です。

この4月で介護保険制度ができて丸20年。
少しずつ形態を変えながら継続しています。
問題は「お金・人」だと前回も書きました。

優秀な人材がいても、組織に長続きしないことが常にあります。
介護と離職は切っても切れない関係性にあり、家庭の問題で離職する人もいる反面、多くの原因は3つあると思われます。

①給料 ②休み ③人間関係

です。もちろんこれは、介護だけの問題ではなく、多くの職場に共通する項目なのかもしれません。

①給料については、地域地域によって格差はあるでしょうが、基本的には国からもらえる額は決まっていますので横並び、魅力的に見えるような金額の差はおこりにくいと思います。

②休みについても、国から明確な労働条件が提示されていますので、それに準拠していますので、大きな差がでにくいものと思います。

③人間関係については大きく違いがあると考えられます。
場所によっては、年齢も上・経験年数も上・仕事は雑・周りへの悪い影響を及ぼすような人がいます。もちろん、どんな仕事場でもそのような人はいがちなんですが、そのような環境では人は長続きしません。そうすると、給与・休みも比較的差がない。かつ仕事の内容にもあまり差がない環境ですので、容易に離職となっていくわけです。

現在、不幸にも新型コロナウイルス感染症で世界が不景気になうことは必至です。多くの仕事からあぶれる人がでてくることが予想されます。このような人の一定の受け皿になるのが「介護業界」と思われます。

ピンチを上手にチャンスに変えて、働きやすい職場環境にして、できるだけ離職者を減らすような努力をしていかないといけません。

イメージ 1

イメージ 2


11月の後半から立て続けに下のような患者さんが続けて来院されました。
私はTVドラマはあまり見ないので、知らなかったのですがスタッフから「大恋愛」の影響じゃないですか?と・・・

へえ~そんな番組があるの?!
主演の二人がともに芸達者でなかなかリアルとのことでした。
先週の放送が最終回でしたので、リアルタイムでみることはできませんが、ご覧になっていない人は「You Tube」ででも是非ご覧下さい。

うちに来院された5人くらいの患者さんの特徴は?
①40歳代 女性 一人で来院
②自覚的に物忘れが強いものの、他人からの指摘はなし
③仕事や家庭でトラブルを抱えている様子
④長谷川式・MMSEはほぼほぼ満点
⑤MRI検査も含めて異常所見なし
⑥でも安心して帰れない

こういう特徴を併せもつ患者さん達です。
大事な事を皆さん「大恋愛」を見ているです。
やはり何かあんな状態に似ている旨の話しをしてくれるのですが、どの患者さんも自分の経過を時間軸できちんと話すことができ、更に問題点も語ることができます。

ですから通常の認知症とは大きく異なるのです。
でも「問題ない」と言えば多くの患者さんは安心して帰れるのですが、安心できないところが問題な点です。

もう番組自身が最終回でしたので、これから同じような患者さんが来院されるかどうかわかりませんが、どのように話したらいいのか実に難しいです。

このような患者さん達を「大恋愛シンドローム」と総称しております。
この感染症もどきが早く鎮火していくのを心待ちにしております。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

イメージ 2

https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

今日はこの話題です。

9月13日木曜日 春日市いきいきプラザにて「認知症講演会」をおこなってきました。

もうここ6-7年 この時期に一般の人を対象に春日市高齢課が主催して行われます。

私も「認知症初期集中支援チーム」のチーム員としてお話をさせていただきました。

当日は80-90人は参加していらっしゃたでしょうか?!

8/1号の春日市市報にも大きく取り上げていただいたので参加人数も大変多く、またケーブルステーションさんというローカルTVの取材クルーならびにフリーペーパーの取材と盛りだくさんでした。

またケーブルテレビでは、当日の放送では冒頭4分程度トップバッターでこの講演会について放送していただきました。

またフリーペーパーの編集者もおこしになり、取材と結構忙しい1日になりました。

患者さんや患者さんご家族もちらほらで、なんとなく話しやすい雰囲気で始まり、進行できました。

おおよそ80分の長い時間になりましたが、こちらの伝えたい事は十分伝えられた会になりました。

春日市は高齢化率20.6%で、全国平均の27.7%からは随分低く、また福岡県でも3番目に低い数字なんです。
ですから、春日市の認知症施策はこれからなんです。

かなりの数、このような会で話してはいるのですが、新たな課題・スライドのまずい点・・・
いろいろでてきます。状況も少しずつ変わってきて、毎年毎年スライドも変貌をとげてきます。

もちろんきちんと情報が伝わることが大事です。
そして、それが自分の知識となり、早め早めの対応をしていただければと願ってやみません。

また頑張ります。
このような会に呼んでいただけますように。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

↑このページのトップヘ